FC2ブログ

Aspire One AOA150 にメモリを追加してみた

AOA150にメモリを追加した。
正確には512MBのメモリを取り外して、1GBのメモリを取り付けた。
これでオンボードの512MBと合わせて1.5GBとなった。

win8_2013080701.jpg
AOA150はこの1.5GBが最高らしい。

メモリの取り付け方は「Aspire One AOA150 メモリ追加」とググればヨシ。
懇切丁寧に書かれた先人の知恵がたくさんあった。
ありがたい限りです。

このAOA150では、ネットを見たり、こんなブログをグダグダ書いてみたり、メールを見たり、会社へVPNでつないでシンクライアントの画面を出して使っているが、1GBの時に比べるとかなり快適になる。
たかだか512MB増えただけだが、1GBが1.5GBなので、1.5倍になったと考えると大幅増量か、、、!?
いずれにしても、増加した状態で使ってしまうと、「Win8にしたらメモリも増やした方が良い」と思わざるを得ない変化。

なお、、、
コンピューターのパフォーマンスと評価などという診断があったのでやってみた。
win8_2013080702.jpg
結果は「2」
そういう機器なんでしょう、、、使えるからヨシとしよう。
スポンサーサイト



テーマ : モバイルノートPC - ジャンル : コンピュータ

Aspire One AOA150 に Win8を入れてみた

いまさらながらAcerのネットブック「Aspire One AOA150」にWindows8を入れてみた。
XPのサポートが終わるけど、新しいPCを買うまでもないかなぁということで、、、

まずはAmazonでMicrosoft Windows 8 (DSP版) 32bitを購入。
※インストールには外付けのDVDドライブが必要。<以前購入したI-O DATA社のDVDドライブのDVRP-U8XLE2を使用した。

長らく使ってゴミもたまってもっさりしていたのでクリーンインストールを実施。
1時間くらいかかったと思うが、何事もなくあっさりとインストール完了。

画面上の表示(アイコン?)を起動をして問題発見
win8_2013080302.jpg
解像度が足らなくてアプリが実行できぬだと


MAXの1024×600になっているが、これではダメらしい。

発売から10か月も経っているとネット上に情報は豊富にある。

レジストリエディタで"Display1_DownScalingSupported"を探し、デフォルト値の"0"を"1"に変更すればOKらしい。<2か所あった
768-1.jpg
1152×864, 1024×768が追加された

とりあえず1024×768を選べば解像度不足のエラーは出なくなった
ただ、1024×600が1024×768になっているので微妙に横長になっている。

Win8_20130806y768.jpg
1024×768でYahooを表示したところ

Win8_20130806y600.jpg
1024×600でYahooを表示したところ

Win8_2013080601.jpg
1152×864

Win8_2013080602.jpg
1024×768

Win8_2013080603_2013080615044436a.jpg
1024×600

その他、「Mobile Intel 945 Express Chipset」と「タッチパッド」のドライバを入れると書いてあるが、無くても動いた。
、、、が、タッチパッドはマウスを使っている時にも止めることができないので、Synapticsのドライバを入れたところ「有効/無効」の切り替えができるようになった。

win8_20130803.jpg
Win8化完了

Win8にしたことで、iCloudやSkydriveのアプリも使える

ただ、もっさり感は変わらないというか、Win8化前よりもっさり度は増したように思う
ググっていると、メモリを1.5GBまで増やせることもわかったのでメモリを注文してみた。<WinXPより起動は早くなったが、なんだかんだと言ってもWin8はWinXPより重いように思う。


テーマ : モバイルノートPC - ジャンル : コンピュータ

キーボード

EeePC用にbuffaloのUSBキーボード「BSKBU02」を購入した。
Amazonで何と驚きの509円(送料込み)
キーのタッチ感も良い感じで、もちろん普通に使える。
これは良い。

Aspire One AOA 150 のバッテリー

「Aspire one AOA150」(Acerの初代ネットブック)
新モデルが出た時に結構安く手に入れ、かれこれ2年近く使っていると思う。
コンパクトで非常に便利なので出張の時にも持ち歩いていて、まだまだ現役で使用中。

最近はすぐに「バッテリー残量低下」が出るようになっていた。
battery_2012012201.jpg
30分も持たないと電源がある所でしか使えず困る

、、、という事で、バッテリーを購入してみた。
純正は高いので、電池と言えば最近得意のサードパーティ「ロワジャパン」。
付属している3セルの物は元々それほど使用時間が長くないので、6セルの物にした。
コレ↓
Acer AOA150-Bb1の UM08A72 対応バッテリー(ブルー)

セルは「BAK」(中国製)
「中国セルはどうよ?」という話もあるようだが、BAKは深センを本拠地にする「CHINA BAK BATTERY,INC.(比克電池)」のことで、NASDAQに上場している真っ当な会社で、HP・DELL・Lenovoでも使われているんだから気にするようなことでも無いと思っている。

交換して夜に充電し、朝コンセントを抜いて夕方電源を入れてみた
battery_2012012203.jpg
「残り3時間56分」 復活!

R0012447.jpg
Aspire one AOA150の付属電池(上)と購入した電池(下)
ちょうど倍くらいの大きさ

R0012431.jpg
付属電池をつけているところ

R0012429.jpg
購入した電池をつけているところ
出っ張りが気にならない事も無いが、使用時間が延びるのでしょうが無いか、、。

R0012435.jpg
付属電池をつけているところ

R0012443.jpg
購入した電池をつけているところ
開いてしまえば全く問題無い。

R0012415.jpg
画面を開くと重心が後方いってしまうため、この電池を使った方がむしろ安定する。
130gほど重くなり、閉じた時の見た目は若干悪くなるものの、6セルのバッテリー良い感じです。
ブルーじゃなくって黒で良かったかも、、、。



テーマ : PCパーツ - ジャンル : コンピュータ

EPSON PM-A840用の互換インクを使ってみた2

12月の一大イベント“年賀状作り”をやっつけてみた。
、、、と言いつつ、パソコンで作っているので、デザインを考えて、宛先の見直しをして、オリャッと印刷ボタンを押すだけなのだが。

オッサンの会社(部署だけかも?)では幸か不幸か年賀状は出さないように申し合わせがされており、オッサンの年賀状は親類や友人・知人に対しての物がほとんどとなる。
普段から顔を合わせる人には「旧年中のお礼&新しい年もお願いします!」という気持ちがあるものの、年賀状の送り先の大半はもう何年も会ってもいない人なので「元気でやってますよ!」と知らせたいという思いの方が強かったりする。
これが良いのかどうかは知らないが、個人的には遠くにいる人からたまに連絡があると何だかうれしいので、この部分に気合いが入っている。

そんなわけで、毎年、数種類のデザインと自分や家族の写真を数種類用意して相手に合わせて選んで送っているが、家族とは全く関係ない人にはオッサンが一人で写っている写真が印刷されているので「オッサンの姿なんか見たかねーよ。」と思われているのかもしれないが、とりあえずこのオッサンは相変わらず元気に暮らしているということはわかってもらえている事でしょう、、、。


題名にそぐわない話をダラダラと書いてしまったが、本当は「今年は初めて年賀状を作る時に互換インクを使って印刷をしたが、全然問題なくできた」という話をしたかった、、、。
5月に互換インクを購入し、そのまま使い続けているが、これが純正インクと特に遜色なく使えたのでお得だった。<特に問題が無いから年賀状もこのまま作った。
今回、年賀状を作成していたらインクが無くなったので、また互換インクを買おうかなと思ってAmazonで見ると6色入りで800円前後からある。5月ごろは互換インクは2000円前後が主流だったが、エラク安くなっている。
どうしようかなぁと思ったが、あまり安いのを買って使えなかったり、使い勝手が悪かったり、プリンタ自体が壊れるとイヤだなぁと思って残量表示も正しく動き、問題無く印刷ができている実績のある「楽天」の激安インク屋で購入してしまった。
1,980円なので純正に比べれば半額以下だったが、800円の物に比べると2倍以上。
Amazonで買える800円前後の物は実際のところどうなのだろうか?


テーマ : 電化製品 - ジャンル : ライフ