FC2ブログ

地デジレコーダー DTV-H500R を使ってみた

7月からの完全地デジ化を控え、TVは地デジ対応になっているが、HDDレコーダーがアナログのままだった。
それ程テレビ好きというわけではないものの、HDDレコーダーが無いというのも不便だし、なにしろ、これまでは右上に「アナログ」と表示されているだけだったが、最近は画面の下にもなんだか邪魔っくっさいメッセージが表示されるようになっている。

そんなこんなで、そろそろどんなのが良いか探そうかなと思って見ていたところ見つけたのがコレ。

BUFFALO 地上デジタルレコーダー DTV-H500R

BSやCSには対応していないが、500GBのHDD内蔵で地デジが80時間録画できる。
そして、価格がAmazonで16,470円
、、、ポチ 思わず購入 <昨日の話

早速今日届いた。
o2011011502.jpg
コンポジットビデオ/オーディオケーブルは同梱されているが、HDMIケーブルアンテナケーブルは入っていないので、別途準備が必要。

本体はとても小さくA5程度。(W200×H300×D150mmと書いてある)
o2011011501.jpg
TVスタンドで立ててあれば、TVの下に置ける薄さ
本体の上にある赤いのは大きさがわかるように置いたiPhone4、、、。

見かけはこれまでの家電HDDレコーダーというよりも、地デジチューナー。
あっ、これ要するに地デジチューナーに録画機能を持たせたという事か?

電源を入れると4秒程度で画面が現れ、チャンネルの変更もストレスなく動く。
もっとモッサリと動くと思っていたが

DVDへのダビングができないことと、録画時間が80時間と書いてあるが実際の録画時間が69時間(BuffaloだけにPCのディスク的な表現)である事が少々残念ではあるものの、とりあえず録画して時間のある時に見えりゃ良いや程度に考えている私にとってはコレで十分。
たぶんやらないけど外付けのHDDに録画させる事もできるし。
番組表を表示させて番組を選んで決定を押すだけで簡単に予約もできる。
あまり高機能で無いだけに、かえって操作がシンプルでオッサンには都合が良い。
これアタリ

ただし、裏番組録画しながら他のチャンネルを表示することはできないので、アナログTV用の地デジチューナーとして購入を考えている方はご注意を!




スポンサーサイト



テーマ : 電化製品 - ジャンル : ライフ