FC2ブログ

Solo Tourist スイッチパック55

夏休みはどこへも行かずネットで旅行グッズを物色、、、買ってしまった。
switchpack55.jpg
Solo Tourist スイッチパック55

ツアーに参加したり、タクシーでホテルまで乗り付けてずっと滞在している場合にはスーツケースの方が何かと安心だが、電車やバスで移動したり歩くことが多い時にはいざと言う時に背負って移動できるゴロゴロリュックは便利
最近は家族で旅行に行く時に子供も自分用のスーツケースを持ちたがるが、途中で重いだのなんだのとウダウダ言い出すので、そんな時にも私がゴロゴロリュックなら対応可能。。。

これまでも中国にいた頃に週末に香港へ帰る時の為に買った(、、、が、ほとんどその用途には使わなかった)ゴロゴロリュックを持っていた。

20100809bp03.jpg
前から持っていたゴロゴロリュック(55cm×40cm×24cm)

だが、中国で格安で購入した安物なので強度に難アリ、、、。
20100809bp02.jpg
最初はリュックを立てる為の足が付いていたが、片方の足が折れてしまった。
立てて置くと傾いてしまうので思い切って残っていた部分を取り除いてみた、、、。
使えないことも無いのでそのまま数回使ってみたのだが、元々背負い心地が良くないのと、家族で出かける時にはスーツケースを子供に持たせて私がゴロゴロリュックを基本にすることにしたので思い切って新調してみた。

まぁ、密かに一人で台湾周遊とか中国雲南の麗江~香格里拉に行くには都合が良さそうだなぁという脳内妄想が先行したという話もある

、、、で、新しく買った“Solo Tourist スイッチパック55”のこと。

スペック等々は地球の歩き方ストアの「ソロツーリスト スイッチパック」に詳しく載っているので興味のある方はこちらでご確認を。。。

到着していろいろ弄くってみての感想。

・背負い心地は“「良い」とは言えない”と思う、、、。
昔使っていた登山用バックパックは体にフィットしていたが、コレにはそういう“体にしっくりとなじんで一体化”という感じはしない。
ただ、このタイプの物は引っぱる為の固い棒が収納されるのでなかなか難しい所があるのだろうし、引っぱる事に重点を置いて考えると背負い心地を上げるためにクッション性を高めてモコモコさせるとかさばるだけなので、“引く”と“背負う”を両立させる事を考えるとこれで良いのだと思う。
いずれにしても、私にとってはこれまで使用してきたゴロゴロリュックに比べると圧倒的に背負い心地は良いので大満足。

・ゴロゴロ引っぱっていて、階段等があったらリュックとして背負う、階段を過ぎた後はまたゴロゴロ引っぱるという使い方をするには少々厄介
個人的には背負い心地よりも何よりもコレが最大の残念な点<ただ、横に持ち手が付いているので、階段を上がる時には横にしてそこを持てばそれはそれで良いのだが。

20100813st00.jpg
カバーがあるのでタイヤにショルダーストラップの端が引っかかることは無い。
引っぱる時には良いと思う、、、ただし!これが引っぱったり背負ったりの切り替えに多少時間をかけないといけない原因ということにもなる。

20100813st01.jpg
このカバーを開けるとショルダーストラップが登場

20100813st02.jpg
このカバーはクルクルと巻いて、、、

20100813st03.jpg
ウエストベルトの先に付いている部分で底面のマジックテープにこんな感じで押さえ込む。
このウエストベルトはタイヤの汚れが服に付かないようにタイヤカバーも兼ねている。
このように、負う時には「背負うぞ!」という形にし、引っぱる時には「引っぱるぞ!」という形にするので、ゴロゴロ引っぱっていて階段ではちょっとだけ背負うというのは難しい。


これ自体の重量がとても軽いので、段差やちょっとした階段ならば横の取っ手を持って歩いても大した事は無さそうだし、タイヤも大き目で軽やかに動き、ハンドルを引いた時にも安定をしており、ゴロゴロ引っぱる機能が良い感じなので、基本は「引っぱる為の物」で、舗装されていない/階段の多いところを歩くのがわかっている時や、手に荷物を持つ場合に「背負うこともできる」という感じだと思う。
スポンサーサイト



テーマ : 旅の情報・準備 - ジャンル : 旅行

Skypeについてグダグダ語る

先日家族で深圳に滞在していた際、義父から“後から香港に来る義母たちが搭乗する飛行機の出発が大幅に遅れる”とSkype経由で電話があった。

携帯電話の同一キャリア内通話無料や家族間通話無料が普及し、国内で音声通話を行う際には今ひとつSkypeを使うメリットが感じられないが、海外と安く簡単に通話をする際にはやっぱりSkypeはなんだかんだと都合が良い。<安くする方法はSkype以外にもあるが、いろいろなパターンに対応しやすく使いやすいと思う。

、、、ということで久々にSkypeについてグダグダ語る。

妻実家には以前自宅で使用していたSkypeの固定端末が置いてあり、事前に登録してある私のSkypeIDへCallすると私の中国携帯に転送されるようになっているので、これにかかる通話料金は私のスカイプクレジットから接続料金3.9セント+2.1セント/分(私のSkype料金は安いのでドル建てにしている)。
3分弱通話をしたので10.2セント(9円弱)。

*Skypeを使わずに加入電話を使った場合は140円/分なので420円、キャリアの割引やネットプロバイダのIP電話の場合はおおよそ30円/分なので90円ソコソコ、携帯(Docomo平日昼間)は57円/30秒なので342円、私が日本の携帯のローミングを使用して受けた場合145円/分なので435円となる!

今回のように“短期の旅行”で香港で落ち合うことが出来なくなってしまうかもしれないような“緊急度が高めの話”なら多少高くてもしょうがないのだが、“出張等で長めに滞在している”“駐在している”“留学している”というような場合、家族と頻繁に連絡をしようとすると1分30円でも結構な金額になりかねないので、こういう場合にはSkypeを使って通話料金の削減が出来るようにしておくと良いと思う

使用パターンをあげてみるので使えそうなのがあればやってみてちょーだい。
、、、というか組み合わせて使うことになると思うけど。

なお、Skypeの料金だが日本円決済にするより米ドル決済にした方がお得。
日本から中国への場合、円建てでは接続料4.9円+2.38円/分だが、ドル建てでは接続料3.9セント+2.1セント/分なので今のレートでは2割程度特になる。
月額プランやオンライン番号も同様にドル建てにした方が2~3割安くなる。<ただし、たまに料金の調整をするのでご注意を!

①自宅用と自分用に2つIDを取得してお互いにSkypeで話をする。
-->これならば通話料は不要。

②自宅用にIDを取得+Skypeクレジット(or月額プラン)で、自宅から中国(携帯/固定)にCallする。
--->接続料¢3.9+¢2.1/分、もしくは月額プラン($1.09で60分、$2.09で120分、$4.99で400分、$9.99で800分、$13.99で中国以外の数カ国(日本の固定電話を含む)にほぼかけ放題)<ドル建て
--->接続料¥4.9+¥2.38/分、もしくは月額プラン(¥130で60分、¥235で120分、¥550で400分、¥1100で800分、¥1500で中国以外の数カ国(日本の固定電話を含む)にほぼかけ放題)<円建て

*ほぼかけ放題は月MAX10,000分で一日MAX360分、かける相手は50までという制限がある
*月額プランでは接続料は発生しない

③自分用にIDを取得+Skypeクレジット(or月額プラン)で自分から日本自宅(固定)にCallする。
--->接続料¢7.9+¢2.3/分、もしくは月額プラン($2.09で120分、$6.99で固定電話ほぼかけ放題、$13.99で数カ国にほぼかけ放題)<ドル建て
--->接続料¥9.9+\2.66/分、もしくは月額プラン(¥235で120分、¥690で固定電話ほぼかけ放題、¥1500で数カ国にほぼかけ放題)<円建て

*日本はグローバルレートの対象外なので接続料は高い。月額プランでは接続料は発生しない

④自分用にIDを取得+Skypeクレジット(or月額プラン)+オンライン番号(日本の電話番号)取得で、自分から日本自宅(固定)はSkypeを使い、自宅からはオンライン番号にCallする。
*この場合、自宅からオンライン番号にかける際には3分11円ちょっとの料金がかかる。(契約しているキャリアやプロバイダによる)
*オンライン番号は3ヶ月契約で$18.00、12ヶ月契約で$60.00(円建ての場合には3ヶ月で¥2250、12ヶ月で¥7500)、通話料の月額プランを契約している場合には最高50%の割引になる。<オンライン番号と月額プランを考えている場合には申し込み順序を間違えないように気をつけよう!
*Skypeの料金は上記の日本へかける時と同じで、オンライン番号にかかってきた物を受ける際には費用は発生しない。

⑤上記④(自分用にIDを取得+Skypeクレジット(or月額プラン)+オンライン番号(日本の電話番号)取得で、自分から日本自宅(固定)はSkypeを使い、自宅からはオンライン番号にCallする。)+転送機能を使用
*④の場合、自分宛にはSkypeでかかってきているので基本的にはPCもしくはSkype用端末で受ける必要があるので、電話としては使いにくいので、Skypeにかかってきた物を電話に転送してしまう。
転送の料金は通常の通話の際と同じ料金がかかる(自分のIDから引かれる)。

これの良い所は、日本から中国側へ電話をかける時にはSkypeの環境は必要なく、PC等を使わずに全て電話のみで完結できるということ。
そのため、家族にも実家であったり、友達からも普通に電話をかけてもらえることになる。
*日本側で電話をかける人は3分8円程度(加入電話からの場合)、自分が中国で受けるのは接続料¢3.9+¢2.1/分。

⑥上記の①と⑤の合わせ技になるが、自宅用IDと自分用IDを作成、自分用のIDで$13.99の月額プランを契約し、自分用は携帯電話に転送、自宅からはSkype、それ以外の人はオンライン番号(Skypeが使える人はSkype)、自分が電話をするときにはSkypeを使えば月当たり$20程度で日本との電話は話したい放題になる。<日本の携帯宛には別途料金が発生するが、、、。
主に家族との連絡用であれば自宅用IDと自分用ID+Skypeクレジット+転送で十分と言えば十分のような気がする。


★続いてグッズ関連
単身赴任をしているような人にはSkype内蔵デスクトップフォン「TECO XS2008CA」なんかを自宅に置いておくと、固定電話のような使い方が出来るようになるので、気軽に通話が楽しめる。
*自分はPCを使うが、携帯への転送設定をしておけばいつでも受信できる。
*以前は1万5000円前後だったが、現在は1万2000円弱~に値下がりしているので、US辺りから“Belkin F1PP010EN-SK”なんかを取り寄せる必要も無いのかなぁと。

子供が小さかったり、声だけではなく奥さんの顔が毎日見たかったりする場合には、ASUS AiGuru SV1Tなんかを自宅に置いておくと、ビデオ通話が気軽に楽しめる。
こいつは3万円ちょっとする。

いずれにしても頻繁に連絡を取る環境であればSkype専用端末を準備して気軽に使えるようにしておくと便利だし、安心感があるし、結局安くついたりする。
こういうことを考えずに携帯で日本と普通に電話をして月々1万円以上電話代を使っていた駐在の人は多々存在した、、、。<3万円近く使っている人もいたし。


テーマ : 通信・電話 - ジャンル : コンピュータ

iPod touchがiPhoneに、、、

iPod touchをiPhoneに変えてしまう「苹果皮520」というケースが出たらしい。

まぁ、正確に言ってしまえば「iPod touchで電話とSMSが使えるようになって、iPhoneのようになる」ということなのだが、2万円ソコソコのiPod touchに400元弱のカバーでiPhoneのように電話ができるなんて“おもしろい”

2178921_520-05.jpg
左から苹果皮520、iPod Touch、iPhone

2178921_520-03.jpg
iPod Touchに苹果皮520を装着したところ

iPod touchを買い、苹果皮520を入手しようと思ったが、、、苹果皮520を使えるようにするにはiPod touch本体の脱獄が必要とのこと。
まっ、それはそれとして、最大の問題は“苹果皮520はGSMしか使えない”らしい。

しかし、こんなのが出ればすぐに似たような物が出てくるのが世の常(中国の常)。
zte-u3200.jpg
ZTE中興とSprintが3Gで使える物を売り出すらしい。<販売日は未定

コレは!と思いきや、こちらは3GといってもCDMA2000対応
auってCDMA2000だけど上下が違うとかでいずれにしても使用できない、、、よね?
いずれにしてもauは使ってないし。


中国ってこの手の変な電子グッズいっぱいで面白い。
WCDMA対応のリンゴの皮はいつ出るかね?

その前にiPod touchを買わなきゃな。<金ねぇよ


テーマ : コレ知ってる? - ジャンル : ライフ

風呂水ポンプ

子供が学校のエコ活動の一環として8月に入ってから毎日水の使用量を調べている。

1日から6日まで毎日0.6~0.8立米ずつ使用しているが、4人家族の1ヶ月あたりの平均水使用量は25.1立米(一日あたり約0.8立米)とのことなので平均よりは少々少なめ。<平均水使用量は東京都水道局平成21年度生活用水等実態調査の値

使用の増減の理由を見ていて気づいた
夜に雨が降って野菜や花に水やりをしていない日は少なく、多めに洗濯をして水やりを多めにやった日が多い。
どうやら水やりに一日当たり0.1立米(100リットル)近く費やしていると思われる、、、。

風呂の残り水を水やりに使えば節水できるということで、風呂水ポンプを買ってみた。
kp-103jh_01b.gif
工進のKP-103JH 近くのホームセンターで1480円で購入

kp-103jh_01.gif
思ったよりも水が良く出てそのまま水やりにも使えた。
、、、花壇には水はやれるが畑まではホースが届かないが。

ただ、毎日0.1立米ずつ水やりをやっても月で3立米。
水道料金は月に400円程度、このまま3ヶ月水やりに使ったとして1200円。

畑の水やりだけで考えると今期だけでは元が取れませんな
うーん、悩ましい

テーマ : 雑貨 - ジャンル : 趣味・実用

平板PC

すっかりご無沙汰
先月の17日~24日で深圳/香港へ行った際に華強北の電気街へ行ってきた。

数多くある電子城や電脳城を特にあてもなく「何か面白い物でも無いかなぁ」とフラフラと見ていたが、有名メーカーの普通のPCはもちろん謎の無名のPC、ネットワーク機器、中華プレーヤー、APad、携帯電話、ゲーム関連機器、諸々の電子パーツ、特殊用途の専門機器などなど面白そうな物が有り過ぎて大変、、、。

たまたま通りかかった時に声をかけられてちょっと見て感心したのがコレ。
20100808owl1.jpg

まずはOWL(澳維力)のS1001。
20100808owl2.jpg

CPU:IntelAtomN450 1.66GHz
OS:Windows 7
チップセット: Intel GM945GSE
メモリ:1GB(2GBも選べる)
ハードディスク:160GB
無線LAN:802.11 b/g
ディスプレィ:10.1インチ 1024*600 <タッチパネル
カメラ: 130万画素

標準版で2,999元、3G(SIMが使える)とBluetooth付きで3,999元。
全然知らないメーカーだしiPadよりパワフルなどとうたっているので胡散臭い一品のようだが、タッチパネルも滑らかに反応?(良い感じに動くと言いたい)する。

「キーボードが無いがどうやって入力するんだい?」と聞くと、画面上にキーボードが表示され入力ができる他、USBポートがあるのでUSBのキーボードを接続すると普通のPCのようにキーボード入力も出来た。
また、3GはWCDMAとCDMA2000が選択できる。

確かにiPadよりも使えるかもしれない。
ただ、電池が2時間ソコソコしか持たないらしい。。。


続いてOWLのS506。
20100808owl3.jpg
CPU:VIA C7 1.0Ghz
OS:Windows XP
メモリ:1GB
ハードディスク:32GB
ディスプレィ:5.6インチ 1024*600 <タッチパネル
カメラ: 200万画素

VIAのCPUってよく分からないが、とにかく小さい。
150×93×23mm 350g(電池を含まず)
標準版が1,999元、3G付が2,999元。
3GはこっちもWCDMAとCDMA2000が選択できる。

ただ、両方ともOSは中国語だけどね。

もう一つついているS801というのはいわゆるAPadでOSがAndroid。
こいつは無かったので触っていない、、、。

iPadが出た時にAPadが(というかiPad以外の平板のタブレットPCは)インチキ物みたいに言われており、「こういうウソ物はだんだん売れなくなってきている」なんてしたり顔でニュースで語っているTV局もあったが、Android搭載の平板PCは画面の小さいのから大きいのまで普通にいろいろ売られており、この先タブレットPCは確実に増えていきそうな気がする。<3Gを使わなくても小さめのものならiPod touchのように使えるからね

テーマ : コレ知ってる? - ジャンル : ライフ