FC2ブログ

b-mobile SIM u300 でSkype3

iPhone3G(香港版)にb-mobileのu300を入れ、Skypeを試してみた。

iPhone3Gなので当然ながらビデオ通話はできず、音声のみ。
試した相手は「ASUSのAiGuru_SV1T」を有線で接続している。

結果としては「多少遅延はあるが使えた
※iPhone4をSoftbankの3G回線で使用している時よりも遅延の幅は大きい

かれこれ数カ月前、N2502にb-mobileのu300を入れ、PCでSkypeを試した時にも「遅延が結構あり時折プツプツと音声が途切れるが十分聞き取れる。」のはわかっていたが、会話はかなり厳しいと思っていた。
(ちなみに、E61i+PCで音声テスト相手に確認した時には音声関連は散々な状況だった)

これが今回試したところ、前回までのPCを使った時の状況とは明らかに異なり、これならなんとか会話ができるよなぁという感じ。<遅延さえ気にしなければ
“Skype test call”へのテスト通話も呼び出しまでにやたら時間がかかったが、音声自体はかなりクリアに聞こえ、こちらの録音された声もかなりクリアに聞こえた。、、、が最後が切れた。<呼び出しまでに時間がかかるのは、iPhone4+SoftBankの3G回線での通話でも同様

20110131.png
通話時間の右側の回線スピートの表示も緑になっており、遅いと表示される警告も特に現れず。

これまでPC経由でやっていたから「できない」と思っていたのか、b-mobile側で音声通話ができるSIMも販売されたことで制限が緩和されているのか、時間帯が良いとか回線に余裕がある田舎だからなのか、たまたま運が良かっただけなのか定かではないのだが、結果としてまぁ喜ばしい
、、、今はiPhone4(Softbank、会社テスト支給)があるので特にこちらを使う必要もないのだが。

これで遅延等々がさらに改善され、「このカードはデータ通信専用です」の謳い文句も消えて正式に使えるという事になってくれるとさらに嬉しい。

あー、そうそう。
言うまでも無いと思うけど、Skypeのチャットも問題なくできます、、、。

※一応「それなりにできた」というだけで、いつでもどこでもできると言うつもりはありませんデス、、、。



スポンサーサイト



テーマ : 日本通信 - ジャンル : 携帯電話・PHS

Facebook

Facebookについて極めてどうでもいい話をダラダラと、、、。

ずいぶん前にFacebookのアカウントを作ったのだが、今ひとつ使い方もわからないし、どういう具合か外人さんから友達リクエストがあって“友達”になったものの 英語でのやり取りが困難だったこともあり(<私が)ほぼ放置状態になっていた。
ところが、1月15日から「ソーシャル・ネットワーク」の国内での上映が開始されたこともあってか、このところ「Facebook」の話題がやたらクローズアップされているので、オッサンもこの流れに乗ろうと一週間ほど前から再度Facebookのテコ入れをしてみた。

Facebookを使うからには海外の人と交流を図りたいという思いがあるものの、前回の“英語での交流は厳しかった”という現実もあり、「とりあえず中国語ならなんとかなるな」と思い、台湾人が中心となって日本語を学ぼうとしているグループに顔を出して「この日本語はどういう意味?」ってのに回答をしたところ、一人の台湾の方から友達リクエストがあったのでありがたく承認させてもらった。

「知り合いかも?」として何人かの台湾の方々が表示されたので、数人に友達リクエストを送ったり、コメントを入れたりしたところ、この一週間足らずで友達の数が5人ほど増えた

、、、が今日になって「知り合いかも?」のところに変化が発生。

表示されるアイコンがだらけ<犬

その上、昨日までお姐さんの写真だった“友達”も今日はアイコンが犬。
犬の話題しかしていない人がいたので「この人はずいぶん犬好きなんだな」と思っていたが、まさか自分のところが犬だらけになるとは予想だにしなかった、、、どうやら皆さん台湾の犬繋がりの人達だったらしい

私は別に犬が嫌いではないのだが、特に犬好きというわけではないし、犬に詳しくもないし、犬の話だけではちょっとツライところもあるので、日本語を学びたいというか日本に興味を持っている人と交流を図って、とりあえず私も語学力の向上を狙えるように軌道修正を図らないといけないと思っている、、、。

単に交流が目的と言っても、何をどうしたいのかという目的を明確にして、共通の目的を持った人達と友達になっていかないといけないんだなぁ、、、とすごく当り前な事に今頃になって気付いてみた。

テーマ : インターネット関連 - ジャンル : コンピュータ

FinePix XP10 を使ってみた

旅行へ行った際、プールで FUJIFILM FinePix XP10 をしっかりと使ってみた。

、、、といっても特にナニという事もないので画像でもみてやってください

“FinePix XP10”は3m防水機能があるので、プールに入ってパシャッ
、、、ということは、遊んでいる姿を近くで残せてしまうんです
2011011801.jpg
水深1.5Mのプールの中1

2011011804.jpg
水深1.5Mのプールの中2

2011011803.jpg
スライダーの前

2011011805.jpg
流れるプールの滝の前

2011011802.jpg
滝の内側

2011011806.jpg
滝つぼ、、、

防塵機能もあるので砂浜でも気にせずパシャ
2011011807.jpg
爺さん&サービスショット

2011011808.jpg
サービスショット2、、、オッサンかい

ただ、夜には弱い
2011011809.jpg
私の腕の問題もあると思うし、コンパクトカメラなので元々難しいとは思うけど、これまでに使ってきたコンパクトデジカメよりも夜に弱いと思うので普段撮り用は別にもう一台持っていた方がいいのでは、、、。
電池の消耗が早いので予備電池も忘れずに < 電源を入れっぱなしで頻繁に使っていた事もあるけど、電池が一日も持たない。

海やプールに行く時に一台あるととっても楽しいカメラです

テーマ : 家電・パソコンパーツ - ジャンル : ライフ

地デジレコーダー DTV-H500R を使ってみた

7月からの完全地デジ化を控え、TVは地デジ対応になっているが、HDDレコーダーがアナログのままだった。
それ程テレビ好きというわけではないものの、HDDレコーダーが無いというのも不便だし、なにしろ、これまでは右上に「アナログ」と表示されているだけだったが、最近は画面の下にもなんだか邪魔っくっさいメッセージが表示されるようになっている。

そんなこんなで、そろそろどんなのが良いか探そうかなと思って見ていたところ見つけたのがコレ。

BUFFALO 地上デジタルレコーダー DTV-H500R

BSやCSには対応していないが、500GBのHDD内蔵で地デジが80時間録画できる。
そして、価格がAmazonで16,470円
、、、ポチ 思わず購入 <昨日の話

早速今日届いた。
o2011011502.jpg
コンポジットビデオ/オーディオケーブルは同梱されているが、HDMIケーブルアンテナケーブルは入っていないので、別途準備が必要。

本体はとても小さくA5程度。(W200×H300×D150mmと書いてある)
o2011011501.jpg
TVスタンドで立ててあれば、TVの下に置ける薄さ
本体の上にある赤いのは大きさがわかるように置いたiPhone4、、、。

見かけはこれまでの家電HDDレコーダーというよりも、地デジチューナー。
あっ、これ要するに地デジチューナーに録画機能を持たせたという事か?

電源を入れると4秒程度で画面が現れ、チャンネルの変更もストレスなく動く。
もっとモッサリと動くと思っていたが

DVDへのダビングができないことと、録画時間が80時間と書いてあるが実際の録画時間が69時間(BuffaloだけにPCのディスク的な表現)である事が少々残念ではあるものの、とりあえず録画して時間のある時に見えりゃ良いや程度に考えている私にとってはコレで十分。
たぶんやらないけど外付けのHDDに録画させる事もできるし。
番組表を表示させて番組を選んで決定を押すだけで簡単に予約もできる。
あまり高機能で無いだけに、かえって操作がシンプルでオッサンには都合が良い。
これアタリ

ただし、裏番組録画しながら他のチャンネルを表示することはできないので、アナログTV用の地デジチューナーとして購入を考えている方はご注意を!




テーマ : 電化製品 - ジャンル : ライフ

FC2カウンター飛んだよね?

右側のカウンターが表示されなくなったなぁと思っていたが復活した。
ただ、数日前の分が0になっているし、総カウントがすごく減っている気がする。
、、、いや、「気がする」のではなく、間違いなく2,000以上は減っている

減ったからといって別に損するわけでもないし、まっ 良いか。

テーマ : なんとなく気になる。。 - ジャンル :

Q-Power FC5 QYG Extra Powerを使ってみた

先日の出張時に入手した香港版iPhone3Gをb-mobileで使用しているが、バッテリーがどうも心もとない。
、、、ということで DUAL SIMアダプター付きのバッテリーケースを購入してみた。

2011010404.jpg
容量は1900mAh
これでバッテリー切れの心配もなし

ただ、コレちょっと大きい、、、iPhone4と比べてみた。
2011010409.jpg
縦横はまぁ良いのだが、、、

2011010408.jpg
厚さが倍くらいになってしまう
ポケットに入れて歩くのは何とかギリギリ許容できるかなぁという感じ

2011010406.jpg
裏ぶたの部分がバッテリーになっていて、コードをUSBポートに差し込んで充電する。
このケース単体で充電する事もできるし、iPhoneを装着した状態でiPhone+ケース共に充電する事も可能。
ただし、iPhoneの付属のケーブルを差し込んで充電することはできない。

2011010405.jpg
二枚目のSIMは元々のSIMカードトレイ部分にフレキ基板を差し込み、こんな感じでペロ~ンとiPhone本体の外に出たものをケースの中に収める。

2011010401.jpg
コイツを入れると[設定]-[電話]に[SIM Aplications]メニューが現れる

2011010402.png
ここでSIMを切り替える
、、、が、一度切り替えると前の画面で[SIM Aplications]メニューが表示されなくなってしまい元のSIMには戻せず。<電源入れ直しをするとまたメニューが現れるので、iPhoneの電源ON/OFFが必要

香港と中国を行き来していた時だったらすごく便利だったんだろうなぁと思う。

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS