FC2ブログ

JMBローソンPontaカードでマイルをためる

JALマイルが貯まる!JMBローソンPontaクレジットカードが「新規ご入会&ご利用キャンペーン」をやっている。

battery_2012012203.jpg

オッサンはこのカードの前身「JMBローソンパスVISA」を持っているが、機能は同じ。

この「JMBローソンPontaカード」でためたPontaポイントは、2ポイント=JAL1マイルで JALのマイルへ交換できる。<「JMBローソンPontaカード」でない「普通のPontaカード」でためたPontaポイントはマイルへ移行することはできない。

ローソンで普通に使うと、来店ポイントが1、100円につき1ポイントがたまるが、ローソンはある期間ごとにボーナスポイントがたまる商品があるので、コイツを狙って買うと結構良い感じにたまる。
オッサン(私)の平日の昼ご飯はほぼ毎日ローソンで買って、極力ボーナスポイントのつくのを選んでいるので1か月に400~500ポイント程度たまっている、、、まぁ、なんだかケチ臭いけど、ここ数年、ローソンだけで年間で2500マイル以上になっているのでチリも積もればなんとやらという奴です

ちなみに、VISAカードとして支払った分はPonta加盟店で無くても月の合計で1000円毎に5ポイントが付与される。
ただし、JALカードを持っている人(特にゴールドやショッピングプレミアムをつけている人)は、このJMBローソンPontaカードにPontaポイントのみをつけて、JALカードで支払った方がマイルはたまる。


その他、昭和シェル石油、ゲオ、HMV、HIS、ルートインホテルズなんかでもPontaがたまるので、JALのマイルをためているのであれば、これを1枚持っている良いデス

----------
JALマイルが貯まる!JMBローソンPontaクレジットカード

スポンサーサイト



テーマ : コレ知ってる? - ジャンル : ライフ

1時間でハングルが読めるようになる本

「1時間でハングルが読めるようになる本」(チョ・ヒチョル著)を読んだ。
hangul2012012501.jpg

、、、が、1時間では読めなかった。
電車の中・昼休みに読んで計4時間程度かかったと思う。

時間はかかってしまったが、この本を一通り読んだ(覚えた)だけで確かにあの謎の記号みたいな物がそれなりに読めるようになった。
ハングルは、母音と子音の記号をほぼ単純に組み合わせているだけだが、この本では、その記号と音を結びつける説明が覚えやすかった。

もちろん、スラスラ読めるわけではないし、一部例外的な物や繋がって読むものなど良くわからないところもあるので、これから沢山読んで慣れていく必要はあるし、読めるからといってそれが何を意味するかなんてことはわからないが、まかりなりにもアレが読めるようになったというのは大きな進歩だと思う。

今まで韓国に行った時に、「なにか よーわからん記号が並んでいるだけでさっぱりわからん。」と思っていたような看板がそれなりに読めるようになった。

Seoul 390
ペクジェ チョンユクチョム
百済 精肉店 ということらしい。<カタカナでググることもできるようになった。

Busan_iPhone4_201102 355
メクドナルドゥ
まぁ、ここは英語で書いてあるし、マーク見りゃわかるし、ヤツがいればわかるが。

韓国へ行った時、多少でも読めるのとまったく読めないのでは、楽しさ/便利さが違ってくると思うし、これを第一歩にして会話なんかもできるようにしておけば、飲み屋で飲んだ時の楽しさは全然違うと思う。
、、、行き着くところは結局そんな話だけど

いずれにしてもわかりやすくて良い本だった。
韓国に興味があって、ハングル読めない人にはかなりおすすめ。

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

LCCのチケット探しながらグダグダ、、、

どこかへ行きたい、、、でも、あまり金は無い

ヒマがある時に何か良いツアーが無いか、安いチケットが無いかと見ているものの、セントレア(中部)発は成田/羽田や関西のように格安の物がなかなか無い。
ネットを見ている時にJetstarが関空-マニラ便就航という事で片道2,000円の記念チケットを発売していたのを発見。<またも出遅れ
まっ、どうせ関空じゃ関係無いけどなと思いつつも、関空までの行き方を見たところ、バスで名古屋-大阪OCAT往復4,600円、OCAT-関空往復1,800円で行ける事が判明。夕方発の昼帰りのJetstarのマニラ便なら十分に乗れる。
値段は倍近くかかるが近鉄を使えばより早く快適に行くこともできる。
マニラ片道2,000円は既に無いが、片道8,000円は普通にあり、合計28,650円~だから悪くは無い。
関空は今まで眼中に無かったが、LCCが沢山飛んでいて意外に使えそう。

今回、関空のLCCを見ていて初めて知ったこと。
「Jetstar」と「AirAsia」荷物を預けるのも金が出る
サービスを受けるにはいろいろ追加料金が必要で座席指定や食事にも金が出るのは知っていたが、荷物を預けるのも別料金とは、、、。
Jetstarのマニラ行きは15kgで行き/帰りとも800円、20kgだと1000円。
AirAsiaのクアラルンプールは15kgで行き2000円、帰りは50リンギット(1,250円程度)。
ただ、機内に持ち込む手荷物はJetstarは56cm×36cm×23cm以内で10kg以下、AirAsiaは56cm×36cm×23cm以内で7kg以下の物1つならば無料で持ち込める。

機内持ち込みが可能なスーツケースでもソコソコ荷物も入りそうだし、JetstarやAirAsiaあたりでフラッと行くなら機内持ち込みで行けば良いのかも。
これなら荷物が出てくるのを待たずに済むし、失くされる心配もない。
ほとんどお土産買えないけど

※Jetstar/AirAsiaの機内持ち込み可能サイズ(56cm×36cm×23cm)は、ANA/JALの100席以上の機内持ち込み可能サイズ(55cm×40cm×25cm以内)とちょっと違うんだな、、、。

しかし、ホントにセントレアからたくさんLCC飛ばして欲しいなぁ。

テーマ : 飛行機/フライト/機内食 - ジャンル : 旅行

Aspire One AOA 150 のバッテリー

「Aspire one AOA150」(Acerの初代ネットブック)
新モデルが出た時に結構安く手に入れ、かれこれ2年近く使っていると思う。
コンパクトで非常に便利なので出張の時にも持ち歩いていて、まだまだ現役で使用中。

最近はすぐに「バッテリー残量低下」が出るようになっていた。
battery_2012012201.jpg
30分も持たないと電源がある所でしか使えず困る

、、、という事で、バッテリーを購入してみた。
純正は高いので、電池と言えば最近得意のサードパーティ「ロワジャパン」。
付属している3セルの物は元々それほど使用時間が長くないので、6セルの物にした。
コレ↓
Acer AOA150-Bb1の UM08A72 対応バッテリー(ブルー)

セルは「BAK」(中国製)
「中国セルはどうよ?」という話もあるようだが、BAKは深センを本拠地にする「CHINA BAK BATTERY,INC.(比克電池)」のことで、NASDAQに上場している真っ当な会社で、HP・DELL・Lenovoでも使われているんだから気にするようなことでも無いと思っている。

交換して夜に充電し、朝コンセントを抜いて夕方電源を入れてみた
battery_2012012203.jpg
「残り3時間56分」 復活!

R0012447.jpg
Aspire one AOA150の付属電池(上)と購入した電池(下)
ちょうど倍くらいの大きさ

R0012431.jpg
付属電池をつけているところ

R0012429.jpg
購入した電池をつけているところ
出っ張りが気にならない事も無いが、使用時間が延びるのでしょうが無いか、、。

R0012435.jpg
付属電池をつけているところ

R0012443.jpg
購入した電池をつけているところ
開いてしまえば全く問題無い。

R0012415.jpg
画面を開くと重心が後方いってしまうため、この電池を使った方がむしろ安定する。
130gほど重くなり、閉じた時の見た目は若干悪くなるものの、6セルのバッテリー良い感じです。
ブルーじゃなくって黒で良かったかも、、、。



テーマ : PCパーツ - ジャンル : コンピュータ

上海21,800円ツアー

JTBから安いツアーが発売された。

名古屋発の上海ツアーが観光無しで21,800円から。
21,800円からだが、21,800円で土日を絡めて1日休んで行けるのは唯一2/18のみ。
名古屋発でこの値段はここ最近はまぁ滅多にお目にかかれない一品。

今日は朝から外出していてネットを見ていなかった。
家に帰って「そういえば今日から発売だったなぁ」と見た時には2/18は既に空席待ち。
とりあえず申し込んだが、既にキャンセル料が発生する時期に入っているので「とりあえず押さえておこう」という人はいないハズなのでかなり厳しい模様。

出遅れた。(T_T)

続きを読む »

テーマ : どーでもいいこと - ジャンル : コンピュータ

コンパクトな三脚

年賀状を作る時に家族全員で写った写真が少なかった。
、、、というか、私が写っている写真がとても少ない。

これは今回に限った事では無く、喉元過ぎればなんとやらで、年賀状を作ってしまえばあまり気にすることもなく一年が過ぎ、毎年年末になると同じ事が繰り返されている。
今年はそんなことにならないように、どこかへ行く時に持ち歩けるようなあまり大きくない三脚を購入してみた。
縮めた時には小さくて、伸ばせばそれなりに使えると思われる「ケンコー小型8段三脚ST-081」。

tripod2012010402.jpg
縮めると27cmで伸ばすと107.5cm、重さは435g
500mlのペットボトルと比べるとこんな感じ

tripod201201040a2.jpg
対応機種はコンパクトデジタルカメラ

tripod201201040a3.jpg
縦方向にもセットできる

tripod201201040a1.jpg
耐荷重は800g
デジイチ(NikonD40)でも小さなレンズなら許容範囲か、、、。

独り旅に出かけた時にも使おう

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル : 写真