FC2ブログ

Q-Power FC5 QYG Extra Powerを使ってみた

先日の出張時に入手した香港版iPhone3Gをb-mobileで使用しているが、バッテリーがどうも心もとない。
、、、ということで DUAL SIMアダプター付きのバッテリーケースを購入してみた。

2011010404.jpg
容量は1900mAh
これでバッテリー切れの心配もなし

ただ、コレちょっと大きい、、、iPhone4と比べてみた。
2011010409.jpg
縦横はまぁ良いのだが、、、

2011010408.jpg
厚さが倍くらいになってしまう
ポケットに入れて歩くのは何とかギリギリ許容できるかなぁという感じ

2011010406.jpg
裏ぶたの部分がバッテリーになっていて、コードをUSBポートに差し込んで充電する。
このケース単体で充電する事もできるし、iPhoneを装着した状態でiPhone+ケース共に充電する事も可能。
ただし、iPhoneの付属のケーブルを差し込んで充電することはできない。

2011010405.jpg
二枚目のSIMは元々のSIMカードトレイ部分にフレキ基板を差し込み、こんな感じでペロ~ンとiPhone本体の外に出たものをケースの中に収める。

2011010401.jpg
コイツを入れると[設定]-[電話]に[SIM Aplications]メニューが現れる

2011010402.png
ここでSIMを切り替える
、、、が、一度切り替えると前の画面で[SIM Aplications]メニューが表示されなくなってしまい元のSIMには戻せず。<電源入れ直しをするとまたメニューが現れるので、iPhoneの電源ON/OFFが必要

香港と中国を行き来していた時だったらすごく便利だったんだろうなぁと思う。
スポンサーサイト



テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

コメントの投稿