FC2ブログ

Microsoftフォルダが勝手に開く

ずいぶん前(WinXP SP3にした頃だったか?)からPCを起動すると勝手にC:\Program Files\Microsoftフォルダが勝手に開き、「Search Enhancement Pack」フォルダが表示されるようになっていた。

msfolder1.jpg

当時「Search Enhancement Pack」をググったが結局わからず、少々邪魔だけど“×”を押して閉じれば特に不具合もなかったのでずっとそのままにしてきたが、「Glary Utility」を使って年末のPC掃除をしていた際に謎が解けた

要はWindows起動時もしくはログイン時に起動するプログラムで C:\Program Files\Microsoft xxxx\xxxx.exe と指定してある物がある場合、Microsoftの後に空白がある物は "C:\Program Files\Microsoft xxxx\xxxx.exe" というように「""」で囲まないといけないのに「""」で囲んで無いからC:\Program Files\Microsoftフォルダが開いていたということ。
Search Enhancement Packは関係なかった

今回は「Glary Utility」を使ってこの「""」で囲まれていないプログラム(MS Money関連だった)の自動起動を停止させたことでフォルダを開かなくなったが、当然レジストリを直接触って「""」を追加しても良いはず。
でも、regeditでレジストリ弄るのはキーを探すのが面倒だし、間違えると面倒くさい事になるので、「Glary Utility」やら「CCleaner」なんかを使って対応できればこっちの方が簡単だし安全かと、、、。
スポンサーサイト



テーマ : どーでもいいこと - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿