FC2ブログ

自転車のムシ

先日、会社から帰ると妻が「この辺に自転車屋さんってなかったっけ?子供が久々に乗ろうとしたら空気が無かったので、空気を入れて近くの公園まで出かけたらパンクしてしまった。全然乗っていないのにどこでパンクしたんだろう?」、、、と。

「全然乗ってないなら、ムシじゃないの?」と言うが、全く話が通じず。
こういう話は良くわからないというか興味が無いらしい。

ただ、「今って、パンクの修理だと1,500円するらしいけど。」には素早く反応して、結局私が休みに直すことになった。<まぁ、最初っからこうなるんだろうけど


コレ

ムシのゴムを見てみると途中で切れていたのでとりあえず換えてみた。


この空気を入れる所のキャップとネジを外す。


先っぽのバルブを抜く


内側にゴミ(ゴムのかす)が付いてないか一応確認


バルブにムシゴムをしっかりはめる
※バルブ側をちょっと濡らして(唾でも付けて)からはめるとやりやすい。

バルブを元に戻して、ネジをクリクリと締めて、空気を入れる。
※この空気を入れる時にはチューブを挟み込まないように注意すること。
→タイヤを浮かしておくようにした方が良い。(後輪ならスタンドを立てるか、片足のスタンドや前輪なら自転車を倒して行う。)
キャップをはめておしまい。

10分もかからずに完了。
数時間経っても空気は抜けていない。
やはりムシだけの話だったようでコレにて一件落着。

今回使ったのは100均のムシゴム。

1mもあるのでムシゴム替え放題


裏に説明もある

ムシゴム交換は簡単だから今後は妻/子がやれるように、わざわざ写真を撮って手順でも教えてみようと思ったが、どうせやらないからココに載せてみた
スポンサーサイト



テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿