FC2ブログ

ViewPhone3 をroot化してLink2SDを入れた

ViewSonic “ViewPhone3”本体メモリが強烈に少なく、アプリがほとんど入れられない。
その上、使用しているとキャッシュがたまってくるので、ギリギリで動かしているとすぐにメモリが圧迫されて「空き容量が少なくなっている」表示が出て、段々と動きが遅くなる。
これまで頑張って耐えていたが、root化してプリインストールの要らないアプリを消すことにした。

英語で書いてあったヤツを適当に訳したので残しておく。

1) SUT LR をダウンロード
https://rapidshare.com/files/559763473/SUTLR_v1.8.2.7z

2) root化済みの viewsonic 用のFirmwareをダウンロード
www.rapidshare.com/files/253791827/firmware_root_MarcoCH.7z

( ダウンロードして、上の2つを解凍する)
この時、viewsonic用のFirmwareをデスクトップ上に解凍して使用したらエラーで使用できなかった。
Fimrwareのファイルをc:\tempに移したらエラーが出ずに無事終了したので、2バイト文字“デスクトップ”が入っていたのがダメだったのかもしれない。

3) SUT LR を PC(WindowsXP)にインストールし、PCにViewphone3を接続

4) SUT LR を起動し、Nextをクリック -> firmware.nb0 を選択(options は"none"のまま)し、Nextをクリック--> 少々時間がかかるので待つ -> Finishをクリックして終了

これでroot化は完了。
その後、Link2SDをインストールして、絶対使用しない言語のLanguagePackをごっそり消し、多くのアプリをSDメモリに移し(<root化する前まではできなかったアプリもできるようになる物も多々)、今後インストールするアプリをSDメモリにリンクさせた。
この機にViewPhone3のウリ「ViewScene 3D」なんかもサクッと消してみた。
「ViewScene 3D」を消すと回転する3DのUIが使用できなくなるが、起動時に時間がかかっていたし、ネイティブのAndroid画面が嫌いではない私にとっては軽くなって良い。
メモリが無くてショボショボだったViewSonic3がすごく普通の良いスマホになった。

20121118124858.jpg
こんなことなら買ってすぐにやれば良かった、、、。



Link2SDの使い方等々は以下のサイトを参考にさせていただいた。
、、、というか、詳しく載っているのでそのままやっただけ。
http://android-k.com/story/10575/
スポンサーサイト



テーマ : Android - ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

コメントの投稿