FC2ブログ

FinePix Z1 のバッテリー

FUJIの“FinePix Z1”。

20100215FinePixZ1.jpg
恐らく5年ちょっと前に購入したと思う。
512万画素で最近のカメラに比べれば明らかに性能は劣るのだが、ここ一番の時には一眼レフのものを使うし、コンパクトだし普段使いをする上では何ら困ることも無い。
これが最近、充電してもすぐに電池がなくなり、一日使わないで電源をONにすると日時設定の画面が表示されるようになった、、、バッテリーの寿命が来たのだろう。

この古いカメラに高価な純正バッテリーを買うのもどうかと思い、このところよく買っているROWAの互換バッテリーを購入してみた。
携帯電話、Logitecの無線Skype端末と続けてROWAのバッテリーを買っているが特に問題も無く使えているし、今回のNP-40も特に問題なく充電でき使えている。
FUJIの純正NP-40は定価4,725円でAmazonでは3,383円、ROWAの互換品は2個で1,100円。なぜこれほど純正品と互換品の価格には差があるのだろう?
携帯電話に至っては最初に付いていた純正のバッテリーが膨らんでしまい、なんだかROWAの互換品の方が性能が良いのでは無いかと思うくらいなのだが、なんとも不思議でしょうがない。

“FinePix Z1”本体はコンパクトなのだが、充電はカメラをクレードルに乗せる必要があり、旅行をする時にはクレードル+電源アダプターで結構かさばっていたのでついでにNP-40とNP-60が充電できるコンパクトな充電器も購入してみた。
“AGFA DV-5580Z”の電池はNP-60なのでこれから出かける時にはこの充電器一つで両方まかなえる。
荷物が少なくできて良い



スポンサーサイト



テーマ : 電化製品 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿