FC2ブログ

臭うぞ、、、

会社帰りの電車。
名古屋で乗り、途中の駅を過ぎたら、臭い! 強烈に臭い!
汗臭さと何かがブレンドされたような刺激臭がツーンと鼻を突く。
まぁ厳しかったですわ

家に帰って「電車、臭かったんだよ」なんて話をしつつ、子供に「父さんは臭う?」と聞けば、「ちょっと臭う」 、、、

私:「どういう臭い?」
子:「オヤジの臭い」
私:「え?」

うーん、40も過ぎたし加齢臭が出てきたということか。
しかし、「オヤジの臭い」なんてどこで覚えたのかね、、、。

ただ、これを期にちょっと気をつけることにした。
オヤジ臭-->加齢臭 対策で検索してみると、石鹸、サプリメント、消臭スプレー、消臭シャツ等々、対策グッズがあるわあるわ。

いろいろ見て、とりあえず「柿渋エキス」の入った石鹸を使ってみるのが良いのではないかという結論に達したが、お勧めとなっている石鹸は1つ2,100円。
石鹸1つが 2,100円とは 、そして、そもそも“なぜ柿渋の入った石鹸で加齢臭が消せるのか?”という疑問も沸々と、、、。

そこで、ちょいと調べてみた。
結局のところ、ほとんどの柿渋石鹸は「毛穴の皮脂汚れを取り除く」、「肌を正常な状態に保つ」、「消毒・殺菌をして雑菌の繁殖を抑える」という3つで加齢臭を対策をしており、それぞれ下記の成分で実現している。

「毛穴の皮脂汚れを取り除く」---> ベントナイト(泥) <泥でスクラブということだね
「肌を正常な状態に保つ」---> 柿渋エキス(柿渋タンニン)
「消毒・殺菌をする」---> トリクロカルバン または トリクロサン

基本的に“柿渋エキス”はただの保湿成分としての役割で、臭いの発生を抑える為の主成分は消毒・殺菌部分の“トリクロカルバン/トリクロサン”らしい
それなら別に柿渋にこだわることもなさそうなのだが、とりあえず流行物には弱いので“柿渋石鹸”を試してみることにした。
ただし、上記の3点を踏まえた低価格のものを、、、。

Amazonで探した「デオタンニングソープ 柿渋 100g」(コスメティックローランド社製)。
石鹸としては結構な値段だが、他の柿渋石鹸に比べると安い。
買ってみた、、、。



スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿