FC2ブログ

NP-45AとNP-45の違いは?

“FinePix XP10”用に買ったROWAのNP-45電池が届いている。

2010101701.jpg
左がROWAのNP-45、右はFinePix XP10付属のNP-45A

そっくりなデザインで“FUJIFILM”という名称も入っている

購入したAmazonのページを見ると確かにこのデザインの電池が写っているし“【2個セット】FinePix J10.J100.J110W.J12.J120の NP-45 純正品バッテリー”と書いてある。

ただ、サードパーティーの電池屋さんが売っている電池だけに、「これって本当に純正品なのか?」という疑問が沸々とわいてくるのだが、このデザインで「純正品」とうたって日本で堂々と商売している以上、さすがにウソというわけにはいかないと思うのでそれなりの物なのだろう<普通に考えればそうだよね?
「それならばFUJIFILMのネットショップでは同じ物が売られているのか?」と思い、確認してみると既にNP-45は存在せず、NP-45Aのみが販売されており、NP-45が純正品とされてきたデジカメの対応アクセサリーを見るとNP-45Aが表示される。
、、、ということはNP-45AはNP-45の改良型(後継)ということになるのか?

それで、NP-45ってのは既にFUJIFILMとしては流通を終了させてしまったので、OEM先に眠る電池をROWAに渡して在庫処分をしているもしくはROWA自体がOEM生産でもしていたと考えるのが自然か?
それだったら純正品のNP-45を大変安く購入できたことになる。

その辺はよく分からないが、とりあえず純正品ということになると、今度は「NP-45AはNP-45と何が違って、どう良くなったかの?」ということになるのだが、表示を見る限りでは放電容量(mAh)がむしろ少なくなっている、、、ネットで探しても特に情報はない。
唯一何かしら手がかりになりそうなものが、FUJIFILMのサイトにあるNP-45の互換性情報の中で“FinePix XP10”のところに"○(マル)"があり、その注釈に「寒冷地でのご使用には、NP-45Aを推奨します。」とあるだけ。<教えてなんとか(Yahoo知恵袋だったかも)にあった
英語や中国語で書かれた「教えてなんとか」にも同じような質問はいくつか出ているが、やっぱり答えは見つからない。

とりあえずNP-45AはNP-45より寒冷地での使用に強くなったのだろう、、、

ちなみにROWAから購入したNP-45はRUマークの下にMH29788と書かれているので、中身は米ソニー製のバッテリー(というかセルか?)が使用されていて、カメラについてきたNP-45AはMH29637なので中身はBYD製(中国深センの竜崗にある会社)が使用されていることになる。
いろいろな画像を見ていて気がついたが、NP-45は中身がSanyo製の物も(だったことも?)あるので、Fujiのバッテリー型番は同じでも中身が違う物もある。
その他、製造場所を日本から中国に変更した時にパッケージの原産国表記を日本のままにしてしまったことがあるようなので、そういう間違いを起こさないようにお尻にAをつけたのかもしれない。<知らないけどね

ナンだかよく分からない所だらけなのだが、普通に充電して使うことができたし、そんなことをいちいち謎に思う必要はないのか、、、。

いずれにしても、プールで写そうと思っている私にとって寒冷地での使用は関係ないので、これがNP-45の純正品ということを信じて良い買い物ができてラッキーだったとでも思っておこう。

も一つおまけに、ROWAの「フジフィルム NP-45 対応バッテリー」(互換品として売っている見かけがシンプルなヤツ)のセルはBYD製と書いてあるので、純正NP-45Aで使用しているセルと同じメーカーだったりする、、、。


スポンサーサイト



テーマ : 家電・パソコンパーツ - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿